Books

今日も私は、老人ホームの看護師です①

cover_9784903722702

老人ホームに勤務する看護師が、「大好きな仕事で得た知識や経験を同業の仲間のために生かしたい」と描いたマンガ。最初から最後まで笑えるのに愛情あふれる一冊。看護や介護に従事する人はもとより、入居者家族にもおすすめ。抱腹絶倒の…
Read more

報道記者の原点

装丁

「報道記者の原点」 報道とは何か。何を見つめ、どう取材し、いかに伝えるべきなのか。朝日新聞社の前記者教育担当部長・岡田力氏が、プロフェッショナルとしての思考から技術 までを解説する。取材拒否は、取材が「いい線行っている」…
Read more

線維筋痛症・慢性の痛み  徹底取材

soutei_itami_2

  身体の広範な部分に起こる激しい慢性の痛みと、こわばり。 激痛を抱えて病院を転々とする患者に向けられる言葉は、「異常なし」「わからない」「原因不明」。 全国に200万人もいるという線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは…
Read more

治す!うつ病、最新治療

テスト:治す!うつ病~~~

悪循環に陥ったうつ病治療は、いま「薬づけ」から「減薬」の時代を迎えようとしている。新たな選択肢、TMS治療。脳の可視化、光トポグラフィー 検査。思考と習慣をコントロールする認知行動療法。うつ病治療の最前線に迫る。

ネットが社会を破壊する

ネットが社会を破壊する

悪意や格差の増幅、知識や良心の汚染、残されるのは劣化した社会。私たちの社会は、本当にネットの恩恵を被っているのか。人との絆は生まれるのか。情報通信工学と現代思想が専門の著者が、ネット社会の現状と未来に警鐘を鳴らす。

報道記者のための 取材基礎ハンドブック

報道記者のための取材基礎ハンドブック

有望な新人の新聞記者に「記者の勘所」を伝えられないかと、著者が書き溜めてきたノウハウを公開。街ダネの見つけ方に始まり、読者と記者の「思考の逆構造」、連想の進め方、発想や着眼、記事の書き方など、記者活動の基本を解説。

盲学校ブラス 小説に

輝けブラス

盲学校に赴任した23歳、新米の物理教師の悪戦苦闘。昭和33年に、初めて盲学校にブラスバンドができた。全く視ることのできない生徒や、視力が徐々に失われてゆく生徒に、どう接すればいいのか。小説でいま、感動のシーンが蘇る。

さようなら十七才 海と心の詩

さようなら十七才 海と心の詩(うた)

1964年2月。一人の天才的な少女詩人が、心の叫びを書き残して、海に帰った。浜辺に置かれたノートが書籍となり、歌となって人々の心に訴えた。開いた傷口で風を感じる鋭敏な彼女が、今を生きる小さな詩人たちの中に…。復刊書籍。

アニクリ24物語 犬猫電話相談室

アニクリ24物語 犬猫電話相談室

全国の飼い主に贈る共感共鳴本。読み応え抜群、筆力の輝くエッセイ。愛犬がピアスを飲み込み慌てる20代の女性。愛犬の痴ほうを心配する70代女性。しつけから難病の相談まで、33
歳の女性獣医さんの日々は、想像以上に深かった……。

みつけたのだあれ?

DSC_0073

AKIの絵本の三作目。24歳の若さで、日本で初めて知的障がい者の大学講師として武蔵野美術大学のゲスト講師として教壇にたったAKIの作品。キャンパスから飛び出してきた彩り鮮やかな動物たちと、そこから限りなく広がる豊かな世界がアートな絵本に。

これからの「正義の通報」の話をしよう

DSC_0053

新進気鋭の犯罪抑止ジャーナリストが世に送る最高の一冊! 様々な不都合、犯罪、トラブル。そのほとんどの対処方法が、これを読むだけで解決。真面目すぎるほどなのに、何故かくすりと笑える、不思議な本。

だあれ?

DSC_0073

AKIの絵本の第一作目。就活コーチの著者と、チーム1stペンギン(大学生グループ)がつくりあげた、悩める学生たちのための、就活本。「5つの質問」に答えて、自分軸を発見する「ジクブン」が、なぜ話題になっているのかが、最もよくわかる一冊。

真の民主主義国家は「一人一票」で誕生する

DSC_0061

速やかに「一票の格差」「一人一票問題」を解決しない限り、日本は、5年後には世界市場の中で敗者であろう。一人一票実現運動の違憲訴訟の代理人、升永英俊弁護士、久保利英明弁護士、伊藤真弁護士らの活躍をつぶさに記録した。

私の戦争はこんなものじゃなかったと、母が投げ捨てた、毎日新聞記者の敗戦直後日記。

DSC_0058

戦後日本の原点ともいうべき「嵐の半年」を記録した新聞記者の日記。広島で何が起きたのか、一億玉砕、本土決戦の声。玉音放送はどう聞かれたのか。日本人の良きものを残すとはどういうことか…。混乱と葛藤の中で懸命に綴った。