Mobile Menu

140618_2111記者の原点.indd

メディアを目指す、すべての人へ

     ◉報道とは何か。何を伝えるのか。 『報道記者の原点』 朝日新聞社 前記者教育担当部長 岡田力著  報道とは何か。何を見つめ、どう取材し、いかに伝えるべきなのか。朝日新聞社の前記者教育担当部長・岡田力氏 … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
うつ_131114_日刊ゲンダイ

「治す!うつ病、最新治療」リーダーズノート編集部編(日刊ゲンダイ掲載)

日本では100万人にも及ぶうつ病患者。一方で、副作用が少なくない抗うつ薬の大量投与などが深刻化している。本書では、これらの問題に言及しながら、薬を必要としない最新の治療法を解説していく。 アメリカでは4年以上の治療実績を … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
テスト:治す!うつ病~~~

どうする?!「うつ病」治療と、抗うつ薬SSRIの強悪な副作用

悪循環に陥ったうつ病治療は、いま「薬づけ」から「減薬」の時代を迎えようとしている。新たな選択肢、TMS治療。脳の可視化、光トポグラフィー 検査。思考と習慣をコントロールする認知行動療法。うつ病治療の最前線に迫る。

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
ネットが社会を破壊する

ネットが社会を破壊する(評・中川淳一郎/共同通信社配信)

  ユートピア論をバサリ 普段から周囲の「スマホ中毒者」や「会議中にフェイスブックを熱心に見る人」を苦々しく思う人が溜飲を下げるような書名で、「どんだけヤツらをたたいてくれるのかな、ガハハ」と期待するかもしれな … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
書標

ネットが社会を破壊する(書標)

インターネットは、社会の外にあって、社会と対峙・対立しているわけではない。今や、ネットは社会の不可欠な一部である。ネットと社会は、「ネットが社会を破壊する」からと言って、相互に排除し合うわけには、もはや、いかないのだ。必 … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
ネット社会を破壊する(聖教新聞)

ネット社会を破壊する(聖教新聞書評)

著者は大学で教鞭をとる情報工学の専門家であり、現代思想評論家でもある。今や、国を筆頭に世を挙げてITの進歩と普及に喝采が送られ、いち早くより新しいモノを手に入れようとの教唆が続く。 本書は、そんな「牧歌的」に過ぎる社会に … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
ネットは「孤独」と「悪意」を増幅する!!

ネットは「孤独」と「悪意」を増幅する!!

<ネットは「孤独」と「悪意」を増幅する!!> 現代社会は、インターネットなくしては成り立たないほど、その存在に依存している。高田明典著「ネットが社会を破壊する」(リーダーズノート出版 1400円)では、ネット社会の延長線 … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet

孤独の増幅、悪意の増幅、良心の汚染、正義の偏向……。ネットの破壊力とは?

悪意や格差の増幅、知識や良心の汚染、残されるのは劣化した社会。私たちの社会は、本当にネットの恩恵を被っているのか。人との絆は生まれるのか。情報通信工学と現代思想が専門の著者が、ネット社会の現状と未来に警鐘を鳴らす。

Filled under : 学術書 , 発刊書籍 , 話題書
Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
報道記者のための取材基礎ハンドブック

朝日新聞の先輩記者は、挫折して辞める後輩に何ができるのか?

有望な新人の新聞記者に「記者の勘所」を伝えられないかと、著者が書き溜めてきたノウハウを公開。街ダネの見つけ方に始まり、読者と記者の「思考の逆構造」、連想の進め方、発想や着眼、記事の書き方など、記者活動の基本を解説。

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
輝けブラス

盲学校ブラス 小説に

1956年から7年間勤めた八幡東区の北九州盲学校(現・北九州視覚支援学校)で、全国でも珍しいブラスバンド部を創設した元教員木村和彦さん(82)=門司区花月園=が、当時の体験を基にした小説『輝けブラス』を出版した。視覚障害で楽譜を読めない生徒たちと苦楽をともにしたドラマがつづられる。木村さんは「私の体験を通じて、一般的なイメージとは違う視覚障害者の姿や彼らが考えていることをぜひ知ってほしい」と話す。

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet

盲学校ブラス 小説に

盲学校に赴任した23歳、新米の物理教師の悪戦苦闘。昭和33年に、初めて盲学校にブラスバンドができた。全く視ることのできない生徒や、視力が徐々に失われてゆく生徒に、どう接すればいいのか。小説でいま、感動のシーンが蘇る。

Filled under : 発刊書籍 , 話題書
Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
いじめ少年犯罪に宣戦布告(史上最強の告発マニュアル)電子版

殺される前、自殺する前に、いじめ被害者ができること 最強の「告発」マニュアル

「同級生を殺そうと計画していた」という、茨城県の中学校に通う3年生の男子に会ったのは、いまから12年前のことだった。 彼は、同級生から暴行を受けていた。「早退して俺と会え」、「友だちと口をきくな」と理不尽な命令をされた。 … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
さようなら_神奈川新聞120527

「さようなら十七才 海と心の詩」 震える心で孤独をうたう

48年前の冬、高校2年生の少女が茅ヶ崎の海で命を絶った。本書には中学時代からの詩が集められている。後半は浜辺に残されたノートの遺稿だ。ノートは海水にぬれて文字の一部が判読できなかったという。が、震える心はひりひりと伝わっ … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
sayonara

なぜ社会は息苦しいの 17歳の叫び 半世紀前の詩が問う

半世紀前に十七歳で亡くなった女子高生、高岡和子さんの詩と随想などを集めた「さようなら十七才 海と心の詩─わたくしはどこへ行くのでしょう」が、リーダーズノート出版から刊行された。 若いころ、高岡さんの遺作を集めた本に魅せら … Continue reading

Author : admin
Comment Number : No Comment Yet
1 2 3 6
Page 1 From 6